SEO初心者記事の書き方を対策全体構成から考え検索上位表示させる方法

SEO対策
SEO記事
SEO記事の書き方

これが出来れは初心者卒業できるほどの内容を
記事にしました。

SEO対策=検索上位表示対策です。

SEOを本当に意識して記事が書ければ
全体的に記事は評価され検索上位表示が
出来ます。

SEOを意識して記事を書くにはどうするのか

初心者が知りたいSEO対策された記事の書き方を
詳しく記事にしています。

しっかりと学びブログ運営に役立ててください。

目次

初心者が知りたいSEO記事とは

SEOとは
SEOとは

初心者の方にも理解できるようにSEO記事の
説明の前に【SEO】について説明します。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。
簡単に言えば検索エンジン最適化の事を言います。
頭文字を取ってSEOと呼ばれています。

検索エンジン最適化とは
GoogleやYahooで読者が検索するキーワードを
入れた時に上位表示される対策です。

日本の検索サイトの代表はGoogleとYahooです。
Googleが7割Yahooが2割というデータがあり
この2つのSEO対策をすることをいいます。

YahooはGoogleの検索技術を使っています。
GoogleのSEO対策が出来ていれば
日本においては9割のSEO対策が出来たことに
なります。

Googleが検索順位を決定する際の評価方法に
【Googleアルゴリズム】というものがあります。

Googleアルゴリズムのアップデートは年に数回
実施されておりその際に検索順位が大きく変動
します。

SEO記事とは検索上位表示を狙う記事の事です。


年に数回アップデートされるGoogleアルゴリズム
に影響を受けない記事を書けば良いという事です。

Googleアルゴリズムに対応できる記事とは

検索上位
検索上位

前記事でお伝えした【1記事1キーワード】に対して
読者が満足出来る記事を書けば検索上位表示
されるという事です。

Googleアルゴリズムに対応できる記事とは
キーワードを意識して読者(ユーザー)が満足
する記事を書けば良いという事です。

Googleは【読者ファースト】の記事を
書きなさいと言っているのです。

読者ファーストの記事とはどういう記事なのか
他のサイトでは詳しく伝えていません。

この記事では初心者にもわかるように詳しく
説明していきます。

SEO対策Googleが掲げる10の事実

SEO
SEO事実

Googleアルゴリズムのアップデートは年に数回
行われていますが常に言い続けていることは
【読者の為に良質なコンテンツ】を書いて下さいと
いい続けています。

Googleが掲げる10の事実を見ればSEO対策
のヒントが載っています。

  1. 読者が求めるものをしっかりと記事にして
    特化した記事を書き続ければ検索順位が上がります
  2. Googleアルゴリズムは200以上の要素から検索順位を決めています。
    内部リンクがしっかりとしているサイトは検索順位を上げます。
  3. パソコン以外、スマートフォンやタブレットに
    対応できているサイトは検索順位を上げます。
  4. Googleは全世界にユーザーがいます。
    Googleツールで正しく翻訳できるサイトは検索順位を上げます。

Googleアルゴリズムをすべて理解することは
実は不可能です。

誰にも答えがわからないのです。
一つ言えることは良質なコンテンツをユーザーに
届ければ検索順位は上がるという事です。

上記に挙げた4つはGoogleが掲げる10の事実から
分かった事です。

初心者の方でも出来る対策です。
ひとつずつ見ていきましょう。

Googleが掲げる10の事実から分かった4つの事

発見
発見

読者が求めるものをしっかりと記事にして
特化した記事を書き続ければ検索順位が上がります

すぐにわかる事は特化記事の方が検索順位表示が
上位になる可能性があるという事です。

これからブログを始める方は特化記事を作成する
ほうが検索上位表示されやすいので特化記事に
する方が良いと思います。

特化記事とはサイトタイトルに対して日々
記事を書いていくことです。

例えばサイトのタイトルがネットビジネスなら
そのことに関連する記事だけを日々記事にして
いくことです。

そうすると専門性も上がり検索上位表示
されやすくなります。

Googleアルゴリズムは200以上の要素から
検索順位を決めています。
200以上の要素から検索順位を決めているので
内部リンクがしっかりとしているサイトは
サイト内を巡りやすくなり検索順位が上がります。

パソコン以外、スマートフォンやタブレットに
対応できているサイトは検索順位を上げます。

今の時代はパソコンだけでなくスマートフォンで
検索する方が多くスマートフォンやタブレットなど
のモバイルに対応しているサイトは読者やユーザー
の事を考えているため検索順位は上がります。

Googleは全世界にユーザーがいます。
Google翻訳ツールで正しく翻訳できるサイトは
検索順位が上がります。

非常に重要です。Googleの創業地はカリフォルニア
です。全世界のユーザーがGoogle翻訳ツールを
使えば翻訳できるサイトを求めています。

翻訳出来ない言葉は使わない事です。
Google翻訳ツールを使い正しく理解できるサイトは
検索順位が上がるといっています。

初心者が知りたいSEO記事の書き方

閃き
記事の書き方

年に数回アップデートされるGoogleアルゴリズムに
左右されない記事を書けばよいという事です。

読者ファーストの記事を書き続け
読者の為に良い記事を書いていれば
Googleアルゴリズムのアップデート
が行われても驚くことはありません。

読者の為に良いコンテンツを書いていれば逆に
検索上位される可能性があるという事です。


Googleは常に読者の為に良い記事を書いている
コンテンツは評価するといっています。

良質なコンテンツとは
1:読者が求めている情報の提供
2:読者が読みやすい記事構成

良質なコンテンツ、読者が求めている情報の提供

情報提供
情報提供

何度もお伝えしていますがGoogleは読者の為に
良い記事を書いているコンテンツは評価する

言い続けています。

読者の目線に立ち正しく情報を伝え、内容が分かり
やすい記事を書けば検索上位されるという事です。

貴方は記事を書くとき読者目線になっていますか?

ココで質問します!

読者とは誰ですか??

この質問に答えられる方は良質なコンテンツを
提供できているかもしれません。

今ご覧いただいている記事の場合の読者
を下記の表で答えます。

読者初心者でブログを長期で頑張る方
知りたい事SEO記事の書き方
記事を読む前に読者に
やってほしいこと
前記事の1記事1キーワードを
ご覧になってほしい
将来収入を得たい方
読者ペルソナ設定

上記の表がこの記事をご覧いただいている
読者です。

ブログ記事の内容にもよりますが
誰に記事を見てほしいのかを設定すると
読者が明確になり記事がぶれずに書けます。

これが旅行記事の場合だと年齢や子供、家族構成
など細かく設定すれば読者に向けてより記事が
書きやすくなります。

架空のユーザー像を設定して満足させる記事を書く
方法をペルソナ設定といいます。

ペルソナ設定をすることで理想の読者がサイトに
訪れてくれます。

ペルソナ設定とは
商品やサービスを買ってくれる架空のユーザー像です。
貴方が理想とするお客様に出会うために設定
するのです。

ブログでビジネスをしているのですから
【理想のお客様に出会いたい】はずです。
貴方のブログで理想のお客様と出会い満足させて
あげてください。

ペルソナ設定とは読者が求めている情報の
提供が出来るスタートです。

ペルソナ設定をすることによって
記事のターゲットになる人物は設定できました。

ペルソナ設定が出来れば記事構成を考えます。

例えば【SEO 記事】の場合でも
【書き方】を知りたいのか【文字数】を知りたい

のかで読者に伝える記事内容が変わります。

今回は【SEO記事の書き方】について記事
にしています。
前回はSEO【1記事1キーワードについて】
記事にしています。

このように記事を分けて1記事1キーワードに対して
の記事
作成を心がけてください。

読者は知りたい情報や悩みを解決したいから
検索しています。

1記事1キーワードにして
本気で読者の問題や悩みを解決してください。

SEO記事の書き方読者が読みやすい記事構成

記事構成とはタイトルから完結までをいいます。

記事を書く前に必ずやらなくてはならない事が
記事全体の流れを決める事です。

記事構成
記事構成

読者ファーストの記事を書くコツはどのような
流れで記事を書き
どのように記事を完結するかを決めて
記事を書くことです。

上記表の赤色部分を決めて記事を書きましょう。
赤色の部分はタイトルと目次に当たる部分です。

目次が決まっていない記事は記事内容が定まらず
読者ファーストの記事では無くなります。

初心者の方はタイトルを決めてから記事を作成
していくと思いますが読まれている記事の大半は
見出しから作成していきます。

タイトルは大まかに決めておき
見出し(h2)小見出し(h3)
補足があるなら(h4)という具合に記事全体の
構成を決めていきます。

見出しは読者の問題や悩みを解決をする
順番になります。

見出しを決め、必要ならばまとめを入れる事です。

これが記事の全体構成です。

記事全体の構成を決め本文を書く時の3つのポイント

本文作成
本文作成

記事の全体構成が決まればいよいよ本文を書きます

見出しが決まっているので本文は見出しに沿って
記事を書けば良いだけです。

本文を書くとき注意することは3つです。
1:見出しに沿った記事内容にする事
2:重複表現はあまり使わない事
3:接続詞を多く使わない事

1:見出しに沿った記事内容にする事

記事全体の構成を考えたので見出しに沿って
記事を書けば問題はありません。
見出しから外れた記事を書いた場合は全体構成
が出来ていない事になります。
必ず見出しの内容だけを記事にしてください。

2:重複表現はあまり使わない事

重複表現は使わない方が良いのですが
気を付けていても使ってしまいます。
ブログを10年ぐらい書いていれば
自然と身に付き使わなくなると思います。

例:知らずに使っている重複表現
(誤)不快感を感じる
(正)不快感を覚える
(誤)ダントツの1位
(正)ダントツ
(誤)車に乗車する
(正)車に乗る・乗車する
(誤)一番最後
(正)最後
(誤)最後の結末
(正)結末
(誤)一番最初
(正)最初
重複表現

上記に挙げた例は一部です。
他にも多数あります。
ブログ記事を何年も書いていれば違和感に
気付くようになってきます。

初心者の方は記事が完成した時に記事を読み
重複表現が無いかチェックしてみましょう。

3:接続詞を多く使わない事

接続詞
「それで」「しかし」「それから」
「そして」「まもなく」「まさに」
接続詞

上記以外にも沢山接続詞はありますが多くは
使わずに表現しましょう。

接続詞だらけでは意味が伝わりにくい文章になり
読者が読みづらくなります。
接続詞を減らし読みやすい記事にしましょう。

ブログ記事を作成する時は常に【読者ファースト】
です。


ブログは貴方のお店です。
読者はお客様です。

最後まで気持ちよく過ごせるように努力しましょう

記事作成後に本当のタイトルを決める

SEO
SEO

記事全体の構成が完成したら大まかなタイトルから
読者のために本当のタイトルを決めます。

SEOに強い記事は全体構成を把握して
からタイトルを決めます。

全体構成を見てユーザーがどんな
キーワードを入力して検索するかを考え
タイトルを決めます。

この事を検索意図といいます。

全体の記事構成が分かればタイトルは絶対に
記事内容に沿ったタイトルが付けられます。

ペルソナ設定を行った時キーワードを
【SEO 記事 書き方】としています。

タイトルにはキーワード【SEO 記事 書き方】
と必ずをいれ見出しと本文を見て決めます。

今回の私の記事は全体構成からSEO記事の書き方
を読者に伝えています。

タイトルとはこの記事を読めば何が分かるのかを
明確に伝える事です。

読者の目を引く言葉を使いキーワードを入れ
全体構成をみてタイトルを決めた場合
タイトルと記事内容が完全に一致しています。

読者が記事を見た時に信頼性が生まれます。
【読者が求めている情報】【良質なコンテンツ】
【E-A-T】の提供が出来ているはずです。

専門性【Expertise】
権威性【Authoritativeness】
信頼性【TrustWorthiness】

頭文字を取って【E-A-T】と呼ばれています。

専門性とは記事内容です。
貴方が読者に向けて書いた記事は
知識、趣味のどちらかを提供しているはずです。

権威性とは読者を満足させる内容です。
この記事は内容が良くすごいと思わせる記事の事
です。読者が知りたい内容の記事を書くことで
知りたい情報、悩みを解決することで得られます。

信頼性とは読者は悩みや問題を解決したいから
記事を読みます。
誤字や脱字が無い記事の提供、リンクを貼る場合は
ミスがない事、絶対に嘘の記事を書かない事です。

E-A-Tを軽視したサイトは確実に
上位表示されないといわれています。

今まで学んだやり方をすればE-A-Tは自然と
出来ています。読者の為を思い、しっかりと記事を
書いて下さい。

SEO記事の書き方記事の全体構成から考える対策まとめ

SEO記事の書き方を初心者にも分かりやすく
問題を解決できる方法を記事にしました。

ココで学んだやり方は検索上位表示SEOを意識
した記事の書き方です。

初心者の方は全体構成を考え記事を作成して
SEO対策をしていきましょう。

SEO対策をした記事は必ず検索順位があがります。

ココで学んだ事を簡単に復習してみましょう。

1:ペルソナ設定をする
2:大まかなタイトルを決める
3:記事全体の構成を決める
4:記事全体の構成をみて検索意図を
  考えタイトルを決める
復習

上記4つを本格的にここで学びました。
分からないときは記事をみて復習してください。

初心者でも本気でやれば必ずSEO記事が書け
検索上位表示されるはずです。

このサイトはSWELLという有料テーマで作成しています。
人気急上昇の初心者にも使いやすく美しい有料テーマです。

人気の有料テーマ

人気テーマ 人気テーマ 人気テーマ 人気テーマ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる