初心者が知りたい検索上位対策1記事1キーワードでブログを作る方法

SEO
アイキャッチ画像
1記事1キーワード対策教えます

初心者の方が知りたい対策の1つが
1記事1キーワードでブログを作る
方法だと思います。

他のサイトでは1記事1キーワードで
ブログを作ると検索上位表示されますと
教えていますがやり方を教えている
サイトはありません。

1記事1キーワードでブログを作成した
つもりでも狙った検索キーワードで
表示されていない事、多くはありませんか?

本当の狙ったキーワードでのブログの
作成方法を学び検索上位表示する方法を
記事にしました。

読者に読まれている記事は記事公開前に検索上位対策
がされているから読者に読まれ収入を得ています。

ここで教える方法は非常に重要で
特に初心者にも出来る対策です。

本気で知りたい方はココでしっかりと学び
自分の収益に繋げてください。

目次

Googleが理解出来ない言葉を多く使わない

初心者
初心者OK

ここで学ぶことは初心者の方でも理解できる
ようにGoogle検索上位表示の対策
を解説
していきます。

前記事【検索エンジンの仕組み】でご紹介した
【Googlebot】と呼ばれるロボットが
Webページの情報を収集します。

Googlebotの仕組みが分からない方は先に
コチラをお読みください。

管理人

重要なポイントを記事にしています。
見直せるようにする事をお勧めします。

2022年現在Googlebotが理解できない言葉の
一つに【代名詞】があります。

代名詞とは【それ】【これ】などです。

こういった言葉はGooglebotには理解できません。

参考例

算数の足し算です算数の足し算とわかります
それが足し算ですそれが足し算の「それ」
という意味がGooglebotは理解できない!!
参考例

簡単な例にしましたがGooglebotは
【それ】という言葉は「それ」としか
とらえていません。

【それ】【これ】という言葉を一切使うなとは
いっていませんよ、ブログの中に多く使われている
と良くないという事です。

代名詞を少なくするだけでも検索順位は
大きく変わります。

まずは見直してくださいね。

1記事1キーワードでブログを作るタイトル決め方

キーワード
キーワード

初心者の方やブログを作成している方で
理解していない方が多い【1記事1キーワード】
実際に記事を書いて公開してみると
よくわかりますが狙ったキーワードで表示されて
いない事、多くありませんか??

しっかりと【1記事1キーワード】を今から
学び貴方のサイト作りに取り入れてください。

SEO対策キーワード選定でも紹介しましたが
キーワードの基本は3つあります。

【ビッグキーワード】【ミドルキーワード】
【スモールキーワード】
がそうです。

個人ブロガーが選ぶキーワードは
ミドルキーワードかスモールキーワード
基本です。


ビッグキーワードは大手サイトが
SEO対策をしています。
大金を使いSEO対策をしているので上位表示
出来たとしてもすぐにSEO対策をしてくるので
個人サイトの方はビッグキーワード以外が
おすすめです。

今回はスモールキーワードを例に
1記事1キーワードのブログ作成手順を
初心者にもわかりやすく説明します。

初心者の方はキーワードをタイトルに全て
入れようとします。


決して間違いではありませんが貴方が決めた
タイトルは他のサイトとほとんど同じでは
無いですか?

そこで!!

オリジナリティーを持たせる方法があります!!

Googleは記事の順位を決める時
検索されたキーワードに【関連】するものかを
判断します。

ここで、気づいてほしいことがあります。

キーワードに関連する記事なのかを判断して
順位を決めるという事はタイトルに無理して
キーワードをすべて入れなくても記事の中に
キーワードが入っていれば良いという事です。

注意することは
決めたキーワードから方向性が絶対に
ずれないようにすることです。


方向性がずれた記事を書いた場合は検索上位
どころかインデックスされなくなる可能性も
あります。

狙うキーワードを【登別 子供 観光】と仮定
してこれから説明をしていきます。

読者は子供と一緒に登別を観光したいので
このキーワードで調べたいはずですね!!

そこでまず考えてほしいことが意味合いを変えずに
タイトルを決める方法があるという事です。

「登別子供と楽しむ観光情報」
キーワードをそのまま使っている

「登別家族で楽しむ温泉情報」
キーワードと同じ意味合いを持っている

超単純な例ですが登別といえば温泉
子供は家族と置き換え観光は情報としています。

記事内容は変わらずに記事作成が出来るはずです。

そこで考えてほしいことがあります。

狙ったキーワードで検索されるための記事を
書く方法です。

1記事1キーワードで検索されるための本文の構成

記事流れ
記事の流れ

記事タイトルについては上記で説明しました。
今からは、1記事1キーワードで検索されるための
本文構成について説明していきます。

上記の表を見てください。

読者はタイトルをクリックした後にリード文を
見て、記事を読むか読まないかを決めます。

リード文が良ければ読まれる記事という事です。
リード文が良くない場合は見出しや本文まで
読まれないという事です。

1記事1キーワードを使いリード文を作る

読者はタイトルをクリックした後
【リード文】を見て判断します。

リード文はブログの中で一番重要な部分で
記事を読むか読まないかが決まります。

リード文とは読者にこの記事を読めば
どうなるのかを伝える部分です。

ココに狙うキーワードを使い読者の
知りたい事や悩みを書き、解決できる
事実を簡潔に書きます。

本で言うあらすじに当たる部分です。

狙ったキーワードが【登別 子供 観光】です。
このキーワードは必ず使いリード文を作成して
下さい。

共起語も使う!
共起語とは
キーワードと一緒に利用されることが多い単語です
共起語を使用することによってコンテンツの質が
上がり検索順位にも影響します。

例えば【観光】の共起語
旅行・地域・トラベルなどがあります。

キーワードと一緒に利用される単語なので
知らず知らずのうちに使っていると思います。

書いている記事内容がわかる見出しの書き方

見出し部分はしっかりとキーワードを
入れてください。


見出し部分には無理して3つを入れずに
書いても良いですよ。


見出しとは本で言えば目次に当たる部分です。
目次が10以上あると読者は読む前に離れる
可能性もあるので目次は10以内が良いと
思います。

リード文で読者に役立つ記事がある事を伝え、
見出しで読者を誘導する役割があるのです。

見出しには読者が知りたい情報がすぐに
わかるようにしてください。

狙ったキーワードを見出しに入れる事によって
読者はココが知りたいという内容を見つけやすく
なり必ず読んでくれます。

ダメな見出し例
登別子供観光
良い見出し例
登別温泉子供が喜ぶおすすめ3選
見出し例文

後者の方が魅力があり読みたくなると思います。
この見出しを見た初心者の方は狙ったキーワード
の【観光】が入っていないと思うかもしれません。
その場合は次の見出しで書けばよいという事です。

本の目次を思い出してください。
必ず分けて書いているはずです。
ブログも同じです。

タイトル・リード文・見出しに沿った内容を本文に書く

タイトルとリード文に沿った見出しを作り
いよいよ本文を作成します。

ここで注意しなくてはならない事は
読者に価値ある情報を届ける事です。

読者は見出しの内容を知りたくて見ています。
ココでは見出しの内容以外は書かない事です。

見出しが【登別温泉子供が喜ぶおすすめ3選】
ならこのことだけに集中してしっかりと記事に
することです。

狙った1記事1キーワードで検索されるには
ここでキーワードと共起語を使い読者に情報を
提供してください。

注意しなくてはならない事は無駄な表現は
極力省くことです。

初心者の方に多い無駄な表現が接続詞です。

無駄な接続詞の代表例
「そして」「それで」
「など」「ということ」
「していきましょう」「ように」
接続詞代表例

接続詞が多い文章は読者が読みづらくなり
読者は不快になりGoogleからの評価もさがります。

重複表現も気を付けなくてはいけません

ダメな例
ドラマの最後の結末
良い例
ドラマの結末
重複表現

重複表現は無意識に使っています。
上記の表は単純な例ですが
結末とは最後の事を意味しています。
最後の結末では2重表現になっています。

Googleが言う低品質な記事は接続詞や代名詞
重複表現が多い記事の事です。


初心者の方でも対処できることです。
貴方のブログを見直してみてください。

見出しと本文が完成したらいよいよ
まとめです。

1記事1キーワード初心者が知りたい検索上位対策まとめ

まとめ
まとめ

ブログの最後に書くまとめは本文の要約です。
簡潔に書いてください。

まとめが長い場合は本文で情報を伝えきれていない
からです。

まとめが長くなる場合は本文を見直し
本文に書いてください。

まとめにも狙ったキーワードを使ってください。
全体の記事構成に必ず狙ったキーワードが
1つ以上は入っていますね。

これが1記事1キーワードでブログを作り狙った
キーワードで検索上位表示されるための方法です。


記事の書き方全体構成を知りたい方はコチラを
ご覧ください。

まとめには、この記事を読めばより知識や情報が
増え、役立つブログを紹介するのも良い方法です。

最後のまとめまで読んでくれた方は貴方のファンに
なってくれる可能性が高い方です。

次にどんな情報が知りたいのかを予想して紹介
すれば読んでくれる可能性が高くなりますよ。

また最後まで読んでくれた方は満足している
状態なのでここで商品アピールをすると以外に
購入してくれる方も多いですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる