ブログが全く全然読まれない4STEPで読まれるブログにする方法

アイキャッチ画像

ブログを始めた方の悩みは【ブログ記事が全く全然読まれない】ことではないでしょうか。

読者

そうなんです!!
自信満々のブログ記事なのに読まれないんです。

読者にブログ記事を読んでもらうには基本を知らなくては全くと言っていいほど読まれません。
この記事はブログが思ったほど読まれない方に向け記事を書いています。

この記事を読めば
4STEPでブログが全く読まれないから脱出できます。
何事も基本が大事です。
基本をしっかり身につけましょう。

この記事でしっかりと学んでください。

STEP
キーワードの大切さ
タカブログ

キーワードを使うことは知っているがその使い方大丈夫?
もう一度見直してみよう。
キーワードの事を知らない人もこの機会に覚えよう。

STEP
ブログ記事が読まれるための基本
タカブログ

キーワードの使い方を覚えたら実践です。
ブログ記事の基本の型をを覚えよう。

STEP
読者がクリックしたくなるブログ記事タイトルの付け方
タカブログ

ブログ記事タイトルは後で決めても大丈夫だよ!!
理由は記事を読めばわかるよ。

STEP
最後に実践と継続の大切さ
タカブログ

上記で学んだことを実践、継続することです。
本気で3か月継続すれば全く読まれなかったブログから読まれるブログに変わっています。

目次

ブログが全く全然読まれない【キーワードの大切さ】

SEO対策

キーワードの事を知らない人はこの機会に覚えよう。

ブログが全く全然読まれない原因の一つにキーワードが関係しています。
キーワードの使い方、間違っていませんか??

特に初心者の方は間違っている方が沢山います。
私が教えた初心者の方もほとんどの方が間違っていました。
この機会にぜひ覚えてくださいね。

キーワードとは読者が検索する時に打つ文字の事です。
このブログでいえば【ブログ 全く 読まれない】がキーワードです。

初心者が一番使いやすいキーワード検索に【ラッコキーワード】があります。
登録すれば無料で1日50回キーワード調査が出来るのでこの機会にぜひ登録しておきましょう。

タカブログ

有料プランもありますが初めは無料で十分です!!

例えば【ブログ 読まれない】とラッコキーワードに文字を打つとそれに対してのキーワードが沢山出てきます。
記事にしたい内容のキーワードをここでしっかりと検索しましょう。

タカブログ

この記事のキーワードは
【ブログ 全く 読まれない】だよ。

キーワードの選び方を覚えよう

キーワードの選び方には3種類あります。

1:ビッグキーワード
検索されるボリュームが大きく月間検索平均が10,000以上のものを言います。
ビッグキーワードは1語のキーワードの事です。
1語のキーワードは大手サイトが独占しており質の高いコンテンツがすでに上位を独占しているため個人ブロガーではほぼ太刀打ちできません。
参考:3つのブログを運営していますがビッグキーワードでの最高順位は3位です。
まだあまり使われていないビッグキーワードを見つければいきなりPV数UPが望める可能性はありますがあまりお勧めはしません。

2:ミドルキーワード
検索ボリュームが月間1,000から10,000までのキーワードを示す言葉としてよく使われています。
個人ブロガーが狙うのならミドルキーワードも良いかもしれません。
参考:経験を積んだ個人ブロガーや個人経営の方が沢山います。
良質なブログ記事が書けるようになれば十分太刀打ちできます。

3:スモールキーワード
ロングテールキーワード

検索ボリュームが月間1,000以下のキーワードに対して使われることが多いです。
参考:ブログが全く全然読まれない方はまずここで挑戦しよう。


私たち個人ブロガーが選ぶのは検索したときに上位表示されやすいキーワードです。
例えばビッグキーワード【ブログ】と検索しても個人のブログが上位表示されることはありません。

その対策として私たち個人ブロガーが検索上位表示されるための対策として【ミドルキーワード】【スモールキーワード】を狙うのが良いとされています。

このようにGoogleでの検索上位表示される対策を【SEO対策】と呼んでいます。

タカブログ

ブログが全く読まれない方はまずは【スモールキーワードで挑戦】
ブログがたくさん読まれる喜びと感謝を味わってください。

ブログが全く全然読まれない【読まれるための基本】

基本

ブログが全く読まれない原因の一つにキーワード選定が原因とお伝えしました。
今回の記事はわかりやすくするためにタイトルと見出しにすべてキーワードを入れています。
無理やりキーワードを使うのはNGですよ。
キーワードばかりの記事は検索上位どころか下がる恐れもあるので無理やりキーワードを使うことはやめてください。

あくまでも【読者ファースト】を心がけてください。

この記事はブログが全く読まれない方のための記事です。
ブログに訪れた読者の問題を解決するために記事にしています。

キーワードに沿った内容で記事を書かなくては読者は離れてしまいます。
この記事のタイトルは
【ブログが全く全然読まれない4STEPで読まれるブログにする方法】です。
必ずタイトルと記事内容が一致していなくては読者はがっかりしてしまいます。

読者ファーストとは訪れた読者の悩みを解決することです。
必ずキーワードと記事の中身は一致させてください。

ブログが全く読まれないから読まれるブログにする【基本の型】

読者ファーストとは読者の悩みを解決するとお伝えしました。
選んだキーワードに対して訪れた読者の悩みをしっかりと解決しなくてはなりません。

読者ファーストの1つとして読みやすい記事が必要不可欠です。
ブログが全く読まれないから読まれるブログにするには読みやすい記事でなくてはなりません。

読みやすい記事にするためには記事構成【基本の型】を覚えるのが一番です。

タカブログ

今回は特別に全体構成の基本の型を伝授するよ!!
有料級の内容なのでマスターしてね!!

この記事の構成が読まれるブログの記事の書き方です。

全体構成
記事構成【基本の型】

記事タイトル
検索したときに読者が初めに目にする部分です。
選んだキーワードに沿って記事を書きタイトルを決めます。

タカブログ

タイトルのところには仮で選んだスモールキーワードだけ書いておいてください。
記事が完成してからタイトルをしっかりと決めるほうが読まれる記事になります。
理由は次のSTEP3で説明します。

画像の重要性
タイトルや見出しの下に読者が目を引く画像を入れるのが良いです。
文字だらけの記事だと読者は読むのが嫌になりせっかく良い記事を書いても離脱する恐れがあるからです。
目を休めるためにも画像を入れるのがおすすめです。

リード文
この記事のリード文は【4STEPでブログが全く読まれないから脱出できます。】
この記事は4STEPで読者の悩みを解決できることをリード文で伝えています。

見出し文
書いている内容が一目でわかるように簡単に書く
キーワードに沿った見出しにしてください。
見出しすべてにキーワードを無理やり入れる必要はないですよ。

本文
キーワード・リード文・見出しに沿った記事を書いてください。
参考:初心者に多いのが見出し文からどんどんとそれていく記事です。
この記事では読まれない記事から読まれる記事にするにはどうするかを記事にしています。
途中で【SEO対策】という言葉が出てきていますがこの記事のように別のブログ記事で説明するのが効率的です。
見出しやタイトルからそれる記事は別のブログ記事で書くことです。

基本は【1記事1キーワードです】

まとめまとめ記事
まとめまで読み進めてもらえれば読者ファースト読者の悩みが解決できたはずです。
読者に最後まで読んでいただき【ありがとう】の意味を込めて最後に書く。
この記事についての総まとめ。

ブログが全く全然読まれない【クリックしたくなるタイトルの付け方】

タイトル付け方

読者ファーストの記事を書いた後はいよいよ!!
キーワードだけを書いたタイトルから本タイトルを決める時です。

本タイトルを後でつけるのが良いかは自分で書いた記事を読み直せばわかります。
初心者に多いミスの一つとして最初にタイトルを決めることです。
記事を書くことに慣れてくれば初めにタイトルを決めても良いです。

記事を書くことに慣れていない、記事が読まれない方のほとんどがタイトルの付け方に問題があります。
例えば今回のキーワード【ブログ 全く 読まれない】で本タイトルを初めに決めた場合、読者がクリックしたくなるタイトルが付けられたかどうか疑問になります。

記事を最後まで書き自分の書いた記事を読み直して修正をしてからタイトルを決めることによって本当のタイトルが決まるはずです。

キーワードに沿って読者ファーストで記事を書き、自分の記事を読み直すと色々と魅力ある部分が見つかります。
今回のこの記事を読み直すと魅力ある部分が【4STEP】【読者ファースト】【キーワード】などがありましたが今回は【4STEP】を使いました。
このように後からタイトルを決めるほうがクリックされる魅力あるタイトルを決めやすくなるからです。

本タイトルを決める時の基本

タイトルは出来るだけ31文字までが良い。長くても40文字まで
 理由は31文字以上だと検索結果でタイトルが途中で途切れるからです。
決めたキーワードは必ず30文字以内で使う
 この記事のキーワードは【ブログ 全く 読まれない】です。
 タイトルの途中にキーワードを入れる場合は検索したときにタイトルが見える場所に使うことです。
 読者はキーワードの事が知りたくて記事を探しているのでタイトルが確実に表示される30文字以内に使いましょう。
キーワードの順番を変えない
 この記事のキーワードは【ブログ 全く 読まれない】ですよね。初心者の方がよく間違えるのがキーワードの順番を変えることです。順番を変えると検索ボリュームが変わるからです。
 必ずキーワード検索で調べたとおりの並びでキーワードを使いタイトルは付けましょう。

読者がクリックしたくなるタイトルとは

読者がクリックしたくなるタイトルにはパターンがあります。
今回は特別に5つのパターンを伝授します。

  1. 読者がすぐにクリックしたくなるパターン
    ~できないorできる+数字+解決策(法則)リスト
    例:ブログが全く全然読まれない4STEPで読まれるブログにする方法
  2. 読者がメリットを感じてクリックしたくなるパターン
    ~解決するor美味しいなどの魅力+商品名+とは?
    例:ふんわりバニラが美味しい【フロマージュ】とは?
  3. 読者を刺激、違いを伝えクリックしてもらうパターン
    AとBの違いとは
    例:わかりそうで分からないメタバースとVRの違いとは
  4. 読者に駄目をアピールしてクリックしてもらうパターン
    ~してはいけないor~ダメ+理由とは
    例:ブログをいきなり書き出すのはダメな3つの理由とは
  5. 読者に簡単をアピールしてクリックしてもらうパターン
    ~簡単orたった~+数字
    例:たった3つを覚えるだけでブログが書ける基本を伝授

上記5つのパターンはほとんどのブロガーがよく使うパターンで基本です。
記事タイトルは読者が検索して一番始めに目にする部分です。
魅力あるタイトルを付けてクリック率を上げるように心がけましょう。

ブログが全く全然読まれない【実践と継続の大切さ】

まとめ

この記事は初心者にもわかりやすく【4STEPで読まれるブログにする方法】について基本となるやり方を記事にしました。

この記事のやり方を実行するだけでも格段に読者に読まれるようになります。

ブログはすぐには検索順位は上がりません。
正しいやり方で記事を書き【継続】すれば必ず読まれる記事になります。
【継続】とは毎日記事を書くことではありません。
あきらめずに続けることです。

何度も書きますが
正しいやり方で続けることが一番大事です。

まずは、読者に読まれる喜びを味わってください。

この記事で学んだこと

  • キーワードはビッグキーワードよりスモールキーワードを使う。
  • 読者ファーストで記事を書く。
  • 全体の構成【基本の型】を覚える。
  • 読者がクリックしたくなるタイトルを付ける。

この記事のやり方は基本中の基本です。

基本をまず覚え次のSTEPへ進みましょう。

タカブログ

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

このブログで使っているデザインはSWELLです。
有料のテーマですが初心者にも使いやすく人気のデザインです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次